A GIRL BY SEASIDE

不眠症とブラックコーヒーの間で揺れた
未だ暗がりの中の感情
長い前髪で閉ざした
夕陽と抱き合ってるみたいな住宅街抜けてから気づいた虚無感は覚えたての煙草みたいだ

低体温の口づけで気づいた夜は
答えなんかないはずなのに
僕はやけになってまた齷齪してばっかで
神経衰弱みたいな愛情表現
君のその瞳の中で僕はどう映ってるの?

大安売りの「愛してる」や
嘘や希望や哀しみが
もうどうでもよくなるほど

A GIRL BY SEASIDE
繰り返すBy my self
逆光でその表情 見えなくて
A GIRL BY SEASIDE
さざ波で掻き消された 君の声
なんて言ったの?

「変わってないね」じゃ
どこか物足りてなくて
「変わったね」もなんか違って
抱きしめることしかできない
枕に移った匂い 終電後のホーム
朝焼けにまみれた海辺で
紛れもなく君をみてる

大安売りの「愛してる」や
嘘や希望や悲しみが
もうどうでもよくなるほど
君に会いたい

A GIRL BY SEASIDE
繰り返すBy my self
逆光でその表情 見えなくて
A GIRL BY SEASIDE
本当は聞こえてた

「愛してる」とか
言わなくていい
曖昧な君こそが君なんだよ

君が陽だまりに溶けて
夏が終わった
A GIRL BY SEASIDE
さざ波で掻き消された君の声
なんて言ったの?Ah

Yusaku Ando