愛の読み方

どれくらい悩めば悩まなくなるだろう
夕立に降られても今日は濡れていたい

昨日と明日の自分と折り合いをつけても
埋まらない解答用紙をただ眺めてる
「大好き」でholding 錯綜 また傷つけ合って
夕凪の昼下がり 向かい風を知った

それでも向こう岸の僕が手を振って
僕を呼んでいるから
泳ぎ方の泳ぎ方なんて忘れて
会いにいくよ

I 愛されてない 訳では無いのに
なぜこんなに泣けてくるの
どんな読み間違えだとしても
哀 物足りてない まだ遣る瀬無い
そんな夜があってもいいよ
あの丘を越えた頃 愛になる

悲しみのスコール浴び 健やかに死んでる
前髪を攫うように隙間風が吹いた

それでも向こう岸の"僕"が手を振って
君を呼んでるから
風邪引いても
終電逃しても
生まれ変わってでも
会いに行くよ

I 愛されてない 訳では無いのに
なぜこんなに泣けてくるの
どんな読み間違えだとしても
哀 物足りてない まだ遣る瀬無い
そんな夜があってもいいよ
あの丘を越えた頃 愛になる

今いくよ

I 愛されてない 訳では無いのに
なぜこんなに泣けてくるの
どんな読み間違えだとしても
あぁ、わからないことばかりを
握り締めたままで良いから
あの丘を越えた"僕"が待ってるよ

Yusaku Ando